Fumiya_Senoo’s diary

日々の気になったこと、役立ったことを記録しています

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件 6 感想

主人公の友人その2の「一輝」お当番回、かつ、お祭り回。

あと、イラストの雰囲気ちょっと変わった?

感想(ネタバレあり)

過去の因縁と向き合ったり、隠し事を主人公含む友人らに打ち明けたりと、「一輝」を軸にしてお話が進んだのがこの巻。

加えて、主人公の妹「姫子」がいい感じに立ち回って、関係のギクシャクが解消された巻でもありましたね。狙ってやっている感じではなく、素でやっているような感じでよかったですね。

終盤で、「一輝」が初めて恋心というものを理解しているさま(読者からすれば、明らかにわかりきっていたが)を見て、ヒロインの「春希」はいったい何を感じ、どうなっていくのか…というのが次巻以降のお話ですかね。

グッとお話が進んだ感じがする巻でした。

スパイ教室 02 《愛娘》のグレーテ 感想

アニメに追いつかれそうになって急いで読んだ第2巻。今巻も面白かったです。

感想(ネタバレあり)

1巻で不可能任務を達成して、解散…と思いきや結局継続して結成されたままになった「灯」ですが、次なる任務に赴きます。

今回は「先生」と一緒に行動するチームと別働チームに分かれて、任務にあたることに。

さてそんな中で、どうやって任務にあたっていくのか?というのが今巻の見どころ。

オチというか見どころとしては、選ばれたと思っていたメンバーは実は選ばれなかった側だったという種明かしがされつつの、それはそれとして頑張らなければ、というところでしょうか。

引き続き、3巻以降も読んでいきたいと思います。

おまけ アニメ4話(1巻相当)までの感想

第1巻の感想を書いたときに、「どうやってアニメ化するのだろうか?」という点を疑問視していましたが、1巻の話の流れ再構成して回避してましたね。2話を見た時点で、「異様にストーリーの進み速いくない…?」と思ったんですけど、1巻の途中で差し込まれている話に相当する、4話を後回したら、そりゃそうなるわね。

2022/12 に読んだ本

もはや、1月も終わりそうですが。

ダーウィンズゲーム 27

アニメ化前後から読んでるんだけど、そろそろ終わりそう。30巻ぐらいで終わる?

プロミス・シンデレラ 1

気になって1巻だけ読んでみた。結構面白かったので、続きは買ってもいいかも。

彼女、お借りします 29

ずーっと進展なくていちょっと嫌になってたんだけど、やっと進展があった巻。面白い作品は続いては欲しいけど、進展がなくて引き延ばすのはダメ。

未熟なふたりでございますが 13

大人の日常系って感じですよね。面白い。

あそこではたらくムスブさん 5

とりあえず読み続けてる感じ。まぁ面白い。

トニカクカワイイ 22

過去の話がされていて、物語進んでる感じ。イチャイチャ感と物語の進行といい感じに続けてほしい。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦 28

遂に完結。面白かったです。

ラストギアス 7

なんとなく買ってしまった作品。最後まで読んでしまった。

Destiny Unchain Online ~吸血鬼少女となって、やがて『赤の魔王』と呼ばれるようになりました~ 2

結構面白く読んでる。 次も買います。

mocopi 買いまして

もの

これのこと。www.sony.jp

動かしてみた動画

実際に使って遊んでみた動画。www.twitch.tv

使ってみた感想

お手軽全身トラッキングとしては割といい感じ。

ただ、誤差が蓄積するっぽくて、しばらく使ってるとキャリブレーションしなおさないとダメっぽい。あと、腰部のセンサーを後ろ側につけるので、椅子に座って背もたれにもたれるのが難しい。

浅く座る分にはちゃんと座ったような表示にもなったのでそこは素直にすごい。

腕を振り回したり、寝転んだり、足を蹴り上げたりしてもそれなりに何とかなる。

ただ、膝だけをゆっくり真上に上げる(膝が直角になるように上げる)と反応してくれない感じ。たぶん、角速度が変わっていないのが原因じゃないかと思う。

一般人がお手軽に試す分にはとてもいいと思う。ただ、センサーの数的に精度は、まぁ、想像通り。特別良くはないし、悪くもない。より良い精度を求めたら数を増やすのが正義な世界なのでそこはしょうがない。

こぼれ話

ある時の CEDEC で聞いたんだけど、演者が直立しているとモデルの腕がめり込んでしまうので、どうするのか?という話があって、技術的な回避はしていなくて、演者の人の制約として腕を体に沿わせないで、一定距離を離して演じてもらう。という話を聞いたことがあって、最後は運用でカバーかと納得したものです。

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件8 感想

あまりにもえっちすぎて死ぬかと思った。

感想(ネタバレあり)

といっても、えっちすぎる以外の感想ないが・・・別に直接的な表現があるわけではなくて、積み重ねあってのもの。

そもそも1巻を読み始めたころはこんな関係になるとは思えなかった本作がこんな関係になってしまって、といった感じ。

ストーリーとしては、誕生日があったり、バイトを始めたり、な感じで大きなイベントはなかった感じ。

さてはて、今後はどうなっていくのでしょうか。

声優ラジオのウラオモテ #08 夕陽とやすみは負けられない? 感想

今巻も素晴らしかった。マジでおすすめだからみんな読もうな。

感想(ネタバレあり)

第2回ライブ "オリオン" VS "アルフェッカ" 編。

催し物としての対決なのであって、本当に争うわけではないが、やる以上は負けたくない主人公二人はいったいどうするのか?な巻。

とにかくチームとして一致団結しないことには、ということでチームとしての団結力・モチベーションを上げるために奔走しています。

今巻で特に取り上げられるキャラクターもまたなかなか濃いキャラクター性でよかった。毎回毎回、どのキャラクターもキャラが立っていて本当イイ。

核心に迫るネタバレあり

終盤に判明する、夕陽のリーダーっぷりヤバいよ。エモエモ。 二人ともいがみ合っているようで、分かり合っているのマジでずるい。

ポケットモンスター スカーレット クリア(スタッフロールまで)しました

もちろん最初に選んだポケモンはニャオハ!

感想(ストーリーについてのネタバレはなし)

オープンワールドになったポケモンとして話題になったわけですが、オープンワールドになった結果、好きな順番で各ジムに挑めるようになりました。それはそれでよかったんだろうけれども、想定順序通りに攻略がほぼ無理になりましたと。

よかった点

シンボルエンカウントについて

眺めてるだけでとっても可愛いので、素晴らしかった。レアエンカウントを粘る必要がなくなったという観点では寂しくなった?

悪かった点

フレームレートについて

いや、低すぎ。というか、 Switch がもうハードとして古くなってきていてパワーが足りないというのが正しいだろうね。

制作陣の想定通りの順序で攻略できないことについて

正直、よくないと思いました。何が問題って、こちらの手持ちが適正な強さかどうかは挑んでみてやっとわかるのはちょっと嫌。なんというかドラクエ1を始めてやったときの気持ちに近かったかも。野生のポケモンと戦えばわかるでしょ?と思いきや、楽しく体当たりし続けていると、適正レベルなのかどうかさっぱりわからないのです。

あと、ストーリーのつながりもちょっと微妙な感じになる箇所あったしね。

UX 的な観点について

ところどころ微妙。特にアイテム使用周り。

スクロール位置を覚えてほしい場所で覚えてくれない、変な位置を覚えていたりする。タッチパネルデバイスのスクロール位置記憶の方針でカーソル式のスクロール位置記憶させていないか?と疑問に思った程度に使いづらかったのだ・・・

総評

上で散々ネガティブなことを書きましたが、面白かったです。

なんというか、ポケモンのコンテンツの強さがすべてを解決する感じはある。とはいえ、上に書いた悪い点は本当に嫌、改善してほしい。

図鑑は埋めておきたいかなぁ。